経済界倶楽部 東京4月例会

ビジネスパートナーである㈱経済界倶楽部の例会の案内です。
ご興味のある方はContactよりお問い合わせください。

尚経済界倶楽部は経営者のための会員制の交流会のため入会には審査があります。
そのためご希望に添えない場合もあることをご了承ください。

第511回 東京例会

テーマ:「渋沢栄一に学ぶ『論語と算盤』
~持続する社会と会社経営~」

講師:澁澤 健氏(シブサワ・アンド・カンパニー代表取締役社長、
コモンズ投信取締役会長兼ESG最高責任者)

日 時:2020年4月8日(木) 受付開始 11時~

講 演:11時30分~12時30分

懇親会:12時30分~13時30分

会 場:東京會舘 7階「ロイヤル」

今年2月にスタートしたNHK大河ドラマ「晴天を衝け」の主人公である渋沢栄一は、生涯を通じて約500もの企業の設立・運営に関わり、約600の教育機関・社会公共事業の支援も行ったことから「日本資本主義の父」と評されています。ドラマだけでなく、2024年度に刷新される新1万円札の肖像画に選ばれるなど、今あらためてその功績に注目が集まっています。
その渋沢栄一氏の玄孫である渋澤健氏は、外資系金融機関でキャリアを重ねた後に自ら金融のスペシャリストとして企業経営に携わりながら、高祖父の名著「論語と算盤」の教えを広く伝える活動に取り組まれています。そこで今回は、渋澤氏にウイズコロナ時代の激動する資本主義社会における社会と会社経営の在り方についてお話しいただきます。

※ビジネスサポーターとしての招待枠があります。参加ご希望の方はご連絡ください。

<新型コロナウイルス対策につきまして>
〇弊社スタッフの体調を毎日管理し、会場での弊社スタッフのマスクの着用、手指消毒、衛生的な手洗いなどの対策を行います。
〇会場の面積に対して推奨定員を設定し、出席者同士の距離を十分に取った座席レイアウトを実施いたします。
〇登壇者との間に適切な距離を確保し、飛沫感染防止に取り組みます。
〇会場であるホテルと協力し、会場内の消毒・除菌・換気などの対策に取り組みます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

F.K.P.通信 No.000

次の記事

F.K.P.通信№001